医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2015【基本コース】

〜 コミュニケーション・エラーを防ぐ基本的能力開発 〜

会期 2015年1月10日(土)~12日(月・祝)
受付開始1月10日(土)午前9時
会場 東京大学医学部本郷キャンパス(定数180名)
東京都文京区本郷7-3-1。地下鉄丸の内線本郷三丁目駅徒歩10分。東大赤門近く。
主催 国際医療リスクマネージメント学会

受講対象者

国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会の会員、臨床リスクマネージャー、医療対話推進者、医療施設経営者、医療安全管理者、歯科安全管理者、医薬品安全管理者、医療機器安全管理者、医科医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、法関係者、医療事務関係者、医療産業界関係者。

趣旨

本教育プログラムは、高度な医療安全活動のために必要となる、医療者と患者・遺族ないし医療従事者間の臨床コミュニケーションに関する基本となる技術習得を与えるものです。参加者は「学会認定臨床コミュニケーターの資格」に関する試験を受験することができます。

研修スケジュール

第1日目

日時 2015年1月10日(土)午前10時~午後5時
場所 東京大学医学部医学教育研究棟13階第6、7セミナー室
テーマ チーム医療における医療安全のコミュニケーション
内容 TeamSTEPPS講義(Leadership、状況モニター)/TeamSTEPPS講義・演習(相互支援:feedback演習、コミュニケーション:SBAR演習)/TeamSTEPPSグループ演習1/グループ演習2(シナリオ作成)グループ発表/グループ討論/まとめ

第2日目

日時 2015年1月11日(日)午前10時~午後5時
場所 東京大学医学部2号館本館3階講堂
テーマ 医療安全のための臨床コミュニケーションの基礎知識
内容 ガイダンス/(臨床講義1)医療現場における臨床コミュニケーションの重要性」/(臨床講義2)医療安全とコミュニケーション/(臨床講義3)臨床コミュニケーションの基礎スキル/(臨床講義4)患者理解のための相互コミュニケーション/質疑応答

第3日目

日時 2015年1月12日(月・祝)午前10時~午後4時30分
場所 東京大学医学部2号館本館3階講堂
テーマ 医療事故時の患者と家族の心のケアの基礎–クライシス・コミュニケーションの基本技術
内容 (臨床講演5)医療現場における怒りへの対処~患者の怒りの背景を知る~/(実習)患者の怒りを受け止めるコミュニケーションを学ぶ/質疑応答

参加申込締め切り

2014年12月29日(月)

  • 定数(180名)になり次第、締め切ります。
  • 参加費は研修会ホームページに掲載した申込書をご覧ください。

問い合わせ先

医療安全管理教育プログラム事務局

主催 国際医療リスクマネージメント学会本部
住所 〒113-0033東京都文京区本郷4-7-12-102
Tel/Fax 03-3817-6770
電子メール head.office02@iarmm.org